上山院長ブログ

2018年07月

2018.07.30

臭いと常在細菌叢(じょうざいさいきんそう)の関係とは

 デオドラント関連製品が、売れる時期になりました。

今年は気温も高いですし、汗も多いのではないでしょうか?そうすると気になるのは、“臭い”ですよね。

不思議だと思いませんか。

なぜ体臭はそれぞれ違うのか。

好きな臭いもあれば、中には受け入れ難い臭いもありますよね。

形成外科でよく関わる臭いといえば、“腋臭症”(えきしゅうしょう=ワキガ)です。

アポクリン汗腺から出る汗を餌として、常在菌が繁殖し、蒸散することで臭いを発します。

エクリン汗腺は全身にありますが、アポクリン汗腺は耳や腋窩(わき)、乳輪、臍部(へそ)、陰部、肛門周囲というように、局在しています。

この臭いの改善のために、

①デオドラント製品(銀やアルミニウム系:ケイセイのDシリーズ等)

②ボトックス注射

③アポクリン汗腺を除去する手術(腋窩限定)

④2011年~ミラドライ、2014年~ビューホット日本に導入

以上の方法が挙げられますが、④の機器により、今までできなかった乳輪や陰部に対し、根治的アプローチもできるようになったことは、画期的だなと思います。

しかし、まだ限界があります。

「常在細菌をいかにコントロールできるようになるか」は、健康面そして美容面においても欠かせない課題といえるでしょう。

最近では、あらゆるものに“乳酸菌”が含有されていますが、これは「常在細菌叢の影響が結構大きい」という事が、解明されてきたからだと思います。

便移植加療もされるようになりましたが、常在細菌叢の理想的なコントロールには、まだ時間がかかりそうです。

自分が良い臭いと感じる人には、やはり惹かれますし、そうでない場合印象が悪くなる可能性は高いです。

そして自分が良いと思った臭いが、必ずしも他の人が良いと思うわけではないということも、面白い点ですね。

恋人同士や親子、夫婦や友人など、人と人との接触は、遺伝的多様性のためとも思われますが、もしかしたら良い菌の交流のためなのかもしれません。

果たして「ヒトが細菌を利用しているのか、細菌がヒトを利用しているのか・・・」、ふと猛暑の中、疑問を抱いてしまいました。

2018.07.23

頭痛を解決するには

 ビューティーコアサポート外来院長の上山です。

私は以前、筋緊張型頭痛やアルコール誘発頭痛がありました。

頭痛症状があると、何も出来なくなりますね。

その時は鎮痛剤で乗り切っていたので、常に携帯していました。

分子栄養の視点から、体作りに取り組んでいったところ、気づいたら鎮痛剤を飲むことがなくなり、携帯することもなくなりました。

今回頭痛に悩まされていた症例についてご紹介致します。

50歳台男性

幼少時より扁桃腺炎繰り返す等で抗生剤頻用

25歳から片頭痛に悩まされている

食事1日2回

コーヒー1日10杯以上

睡眠時間4時間:寝つき不良

便通:便秘、下痢の繰り返し

内服:胃薬、降圧剤、片頭痛薬

一番困っていることが、“頭痛”でした。詳細を省き、端的には栄養不足で、交感神経が非常に優位な状態でした。

まずは検査を受けて頂き、胃薬・コーヒーを中止しました。そして食事の改善に取り組みながら、サプリメントを利用し定期的な点滴フォローを継続して頂いています。

すると、4カ月経過した頃には、「長年の頭痛が無くなり、頭痛薬が必要なくなった」と晴れ晴れとされていました。

頭痛といっても、原因は様々で、国際頭痛分類では14に分類されています。

多くは一次性頭痛だと思われますが、診断や分類も“症状”による判断となりますし、原因はまだ解明されていません。

しかし何らかの誘因で血管や神経が刺激された結果、起こる症状であることには間違いないのでしょう。

頭痛はQOLを下げる要因となりますし、実際辛いですよね。

薬剤を利用するのは“助け”になりますが、“解決”にはならないかもしれません。

誘因事象を取り除くことが、一番の治療のように思います。

やはり炎症や生活習慣に問題があれば、まずそこにアプローチしていく事が重要のように思います。

 表情が明るくなられているのを拝見すると、嬉しくなりました。今後も、更に楽しく活動されるお手伝いが出来ればと思います。

一次性頭痛

二次性頭痛

有痛性脳神経ニューロパチー

顔面痛など

1片頭痛

2緊張型頭痛

3三叉神経・自律神経性頭痛

4その他の一次性頭痛

5頭頚部外傷

6頭頚部血管障害

7非血管性頭蓋内疾患

8薬物乱用頭痛など

9感染

10ホメオスターシスの障害

11耳鼻科、眼科、歯科、頭頚部疾患

12精神疾患

13有痛性脳神経ニューロパチー及び顔面痛

14その他

by国際頭痛分類第3班

2018.07.17

BMIについて見直してみました

 肥満の指標として、BMI(body mass index)が使用されています。

計算式は、BMI(Body Mass Index)=体重(kg)÷身長²(m) 

1835年アドルフ・ケトレーが開発したものです。この指数が体脂肪とよく相関しているということから、肥満度の代替指数として広く利用されています。

BMIの計算式は世界共通で、肥満の判定基準は国により多少異なりますが、大体BMI18.5以下を低体重、BMI25以上を肥満が共通の目安で良さそうです。

筋肉量を考慮していないので、あくまで参考値ではありますが、確かに指標として利用できると実感しました。

私は成人してから、BMIの経緯は“15.5~18.2”です。

約8㎏の差なのですが、この変移による体調変動は、かなり大きい物でした。

BMI16を切った時、これまでにない体調不良となり、自分でも驚きました。BMI16未満が“痩せすぎ”となったのは、統計的に正しいのだなと実感しました。

骨や筋肉が消耗され、免疫力も低下、お肌も髪もぱさぱさとなる地点「必要な組織重量の最低限度」なのでしょう。

そこから食、トレーニング、人の体を見直しました。ゆっくりと3~4㎏体重増加させ、やっと今“筋肉”を感じるようになりました。

以前はトレーニングをしても、筋力増量するどころか、筋肉痛にもなりませんでした。

最近は「あ~きつい、痛い、限界」なんて思わず言ってしまうような筋肉トレーニングに励むことができ、その効果もわかります。

負荷のかかる事をしないと、ステップアップできません。

ですが、負荷をかけても大丈夫な身体作りをしていないと、プラスの結果に繋げられないですね。

トレーニング後に鍛えた部位が重かったり、筋肉痛が数日続いたりすると、「身体能力が上がってる~」と嬉しくなります。

そして気づいたのですが、階段の上り下りが何か怖いな、と思っていた理由が、骨や筋力低下のせいだったという事です。

今では、また何か武道に取り組んでみようかな・・・なんて思い始めちゃいました。

BMIを言われてから約183年、食や生活はかなり変わりました。

一方でBMIが同じように有効な指標となるということは、200年ぐらいでは人の造りそのものは、大きく変わりがないということなのでしょう。

一頃に比べると、私も食べる量は、3倍くらいになっているのですが、胃腸がちょっと追い付いていないので、こちらのメンテナンスをまた見直しながら、更なるステップアップを目指していきたいと思います。

世界保健機関(WHO)の基準

状態

指標

痩せすぎ

16.00未満

痩せ

16.00以上、16.99以下

痩せぎみ

17.00以上、18.49以下

普通体重

18.50以上、24.99以下

前肥満

25.00以上、29.99以下

肥満(1度)

30.00以上、34.99以下

肥満(2度)

35.00以上、39.99以下

肥満(3度)

40.00以上

日本肥満学会の肥満基準(2011年)

状態

指標

低体重(痩せ型)

18.5未満

普通体重

18.5以上、25未満

肥満(1度)

25以上、30未満

肥満(2度)

30以上、35未満

肥満(3度)

35以上、40未満

肥満(4度)

40以上

図はwikipediaより

2018.07.10

睫毛の育毛剤を比較しました

 当院で採用する製品には、こだわりがあります。

それは、「自分自身が使用してみて、続けたいと思うもの」であることです。

そこで今回当院で取り扱っている睫毛育毛剤についてご紹介したいと思います。

まず私がこれまで使用したことのある、睫毛育毛剤を比較してみました。

元々緑内障の治療点眼薬に含有されていた、ビマトプロストの睫毛を成長させる作用に着目したことが睫毛育毛剤の始まりと言われています。

これによりできた製品がグラッシュビスタやルミガンです。

その後に開発されたものがブローブローで、これまでとは異なる有効成分になります。

グラッシュビスタやルミガンの評判は既に認知されているかと思います。

では、ブローブローはどうなのでしょうか?理論理屈は前提として必須ですが、やはり実際に使ってみてどうなのかという事が一番知りたいですよね。

あくまでも私個人の実感ですが、遜色なく効果があります!

私の睫毛も維持できていますし、眉毛も増えました。

量も1本で約3ヶ月分はあり、とってもお得です。

心配される副作用も今のところはありませんので、ブローブローを愛用しています。

注意点は、あくまで育毛剤であることです。種のないところには何も生えないのと同じで、毛母があるところにしか効果はありませんよ~

商品名

グラッシュビスタ

ルミガン

ブローブロー

製造会社

アラガン

ペロバウム

開発国

アイルランド

(米ファイザーが買収)

韓国

使用部位

睫毛

睫毛、眉毛

有効成分

Bimatoprost

Oligoeptide41・42・54

Decapeptide

Acetyl Decapeptide3

アルギニン、ビオチン

含有量

1ml中0.3㎎

5ml

10ml

他成分

ベンザルコニウム塩化物、塩化ナトリウム、リン酸一水素Na・七水和物、
クエン酸水和物、塩酸、水酸化Na

フェノキシエタノール、ヒアルロン酸Na、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、グリセリン、グリシンソジャ(ダイズ)油、二NaEDTA、水素化レシチン、クエン酸、オレイン酸Na

副作用

メラニンの増加、充血等

特になし

値段

6100~14000円(税別)

5184~6240円(税別)

2018.07.02

稲荷伏見大社を訪れて

 京都は過去と未来が融合しているように思え、来るたびに新しい発見やここでしか得られない刺激があり、度々訪問しています。

最近京都を訪れた際、“伏見稲荷大社”に足を運びました。

“千本鳥居”というと、お分かりになるかもしれません。

“千本鳥居”と呼ばれていますが、実際には1万基もあるそうです。

こちらの稲荷山が稲荷信仰の原点で、1,300年もの歴史があります。

私は、毎日10,000歩を目安に歩いています。

この日は24,477歩と、結構なハイキングになりましたが、ここを訪れたであろう人々の想いや時代の移り変わりを感じながらゆっくりと巡ることが出来て、とても楽しかったです。

今回数ある大社の中でも、“薬力社”に注目致しました。

こちらの薬力大神様のご利益は、「無病息災、薬効、薬害防止、安産、医学技術向上、健康長寿、家内安全、薬関係の商売繁盛」です。

自分の健康増進もですが、医師として多くの方々を元気にできるパワーが得られるように、お願いしてきました。

ここでもう一つ有名なのが、“薬力健康卵”です。

薬力社の”ご神水”でゆでたゆで卵で、しっかり頂いてきました!

良い運動にもなりますし、すがすがしい気持ちにもなります。

やはりパワースポットだと感じました。

秋にはまた訪れてみたいなと思います。