上山院長ブログ

2020年06月

2020.06.19

黒クマ対策には、リフトアップケア

 梅雨入りしましたが、晴れた日はもう夏のようですね

日差しが徐々に強くなり、気になってくるのは、目元の“クマ”

一概にクマと言っても、①青クマ ②黒クマ ③茶クマがあります

青クマは皮下の血管の色が透けて見えている状態です。

黒クマは目元の膚のたるみや、眼窩脂肪が突出してきたため、影になり出来るものです。

茶クマは色々な刺激から起こる色素沈着によるものです。

 特に黒クマは加齢により進んでいく事があり、あまりに突出した脂肪への対処は、手術による

脱脂でしか改善が見込めない事もあります。ですが手術では、共にたるんだ皮膚への対応が

難しかったりします。

そこで、進みすぎる前のどちらにも功を奏すのがリフトアップ施術です。

それは、皮膚にもたるみの大元にも良い効果があり、自然な状態で顔面の老化を改善してくれます。

手術のようにダウンタイムはない分、お薦めの間隔で継続していく事が重要です。

私も30歳頃から気になり始めた目元が、今は気にならなくなりました。

ヒートショックプロテイン効果によるものなのか気持ちよさと、その後元気になる感じもあり、

顔の施術ですが、顔だけでない嬉しい効果も付随するようです。はその人の印象を決める

70%を占めるのだそう。

  元気に、より良い状態を維持していきたいものですよね。

2020.06.05

一家に一台“体組成計”

以前は体重計と言っていましたが、もはやそれは過去のもののようですね。

今では自宅で気軽に体重、体脂肪率、内臓脂肪、筋肉量、基礎代謝量、推定骨量、体水分率などが

測定できるという優れもの。そしてそんなに大きな機器ではなく、以前よりむしろ軽くなっている

ように思います。また機能次第でお手頃な値段からあり、一家に一台の電化製品ではないでしょうか。

私は毎朝体重計にのることを習慣としています。これまでは体重計に特に拘りがなく頂き物の体重計を

長年使用していました。体重と体脂肪率までは測定できていたのすが、その機能が稼働しなくなり、

新しいものを購入しようと調べてみたところ、「こんなに進んでいたとは」と驚きました。

色々検討した結果、購入したのが“タニタ”の体組成計です。体内年齢や、筋質が分かるのが良い点です。

最初の測定結果で、“体内年齢2820代だったのは嬉しい限り。検査値の値を100%盲信することは

できませんが、これからの推移をみていく上で良い目安になるかと思います。

ただ注意したいのは体組成計では、“骨密度”は測定できないという点です。

“早いのでは”と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

20歳を過ぎたら、1年に1回は骨密度検査をされることが勧められます。

 もしかしたら、「体重計もう長年乗っていない・・・」なんて方もいらっしゃるかもしれません。

ですがここは文明の利器を活用し、まずは現状を確認してみましょう。

その上でどのように身体作りに取り組んでいかないといけないか、早めに対策を講じれるかどうかが

5年後・10年後の大きな差に繋がっていきます。