上山院長ブログ

2018年09月

2018.09.25

モーニングステーキ!

 ビューティーコアサポート外来院長の上山です。

叶姉妹さんの朝食:モーニングステーキ350~500g✨

昔の私の朝食は、ピーナッツバタートーストにコーヒーが多かったように思います。

その頃、朝食でタンパク質をしっかり食べるのは難しく、目玉焼きがつくかつかないかぐらいでした。

”毎日ステーキ”なんて色々な意味で無理ですが、今ではすっかりタンパク質がメインの食事となりました。

ある日の朝食、モーニングステーキ

こんな日は、朝から元気に活動できます。

栄養次第で“瞬発力と持続力”が違ってきます。

分子栄養学的には、「細胞膜の脂質成分が違うと、柔軟性に差が出る結果、情報伝達速度も異なる」になるかと思います。

正にそれが反射神経の差であり、記憶力などの差になるのではないかと思います。

それはコレステロールの生成成分の違いによるかもしれません。

コレステロールは脂質のみから生成されると思いがちですが、炭水化物・タンパク質・脂質のいずれからも生成されます。

自分の栄養素のメインが何なのかで、性格もタイプ別診断できるかもしれません。

例えば・・

☆炭水化物メイン:気を遣う、良好関係を築くが、突然キレることがある
☆タンパク質メイン:エネルギッシュ、我が道を行く
☆脂質メイン:良質脂質→包容力あり、穏やか、職人系/不良脂質→社会に適応できない、犯罪者の傾向

といった感じでしょうか、あくまで個人的意見ですが。

私はメインのタンパク質食材は、これと決めていません。

お豆腐やお魚、お肉は鳥・豚・牛などなど、食材は日々変えるようにしています。

お肉好きは以前からでしたが、「朝からステーキなんてとても無理・・・」と思っていました。

今でもお肉を1食で500gは無理ですが、朝からステーキは、全く問題ありません。

特に牛の赤身肉は良いですね。

そして重要ポイントは”自炊”ということです。

たまには品数を増やして、少し凝った調理にも挑戦する日を設けてもいいなと思います。

2018.09.11

鹿児島県の日焼け事情

 ビューティーコアサポート外来院長の上山です。

鹿児島に在住し、3か月が経ちました。

最近鏡に映った自分を見て、「黒い!!」と衝撃を受けてしまいました。

足元はボーダー柄になっており、「ナニコレ」と呟いてしまいました...。

鹿児島県の紫外線の凄さを忘れていたようです。

POLAの2017年美肌県別ランキングでは

1位富山県  2位石川県   3位秋田県

と上位は北陸、東北で占めています。

一方鹿児島県は35位!!

鹿児島の日最大UVインデックスは、7-8月が強い方ではありますが、全国的にみて特別強いとは言えず、私も油断していました。

しかし、実際住んでみると明らかな違いを実感しています。

美肌の上位3県の過去30年、平均の日照時間ランキングでは、

1位富山県→45位  2位石川県→41位  3位秋田県→47位

とやはりこぞって少ないです。

鹿児島は23位と真ん中ぐらいです。

通勤時「肌が痛い、鉄板の上にいるよう」と感じていましたので、日焼けには、アスファルトや地形等、他の要因も重要なのだと思います。

しかし、美肌のために「紫外線を防御すること」は欠かせません。

紫外線はしみやしわ、たるみはもとより、皮膚がんの原因にもなります。

ダメージのメンテナンスは大切ですが、それ以上にまずダメージをうけない事が大切です。

これからは今まで以上に対策をしていかなければと、猛反省です。

皆さま、猛暑は過ぎましたが、紫外線は年中降り注いでいますので、お気を付け下さいね。

〈参考資料〉

POLAの2017年美肌県別ランキング:https://www.pola.co.jp/special/bihadaken/

気象庁:https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_uvindex_norm.html、

    日最大UVインデックス(解析値)の月別累年平均値全国分布図

日照時間:http://www.solar-make.com/sunlight-ranking-and-dat...

2018.09.03

元気の秘訣は調理器具から

 ビューティーコアサポート外来院長の上山です。

南部鉄器の鉄瓶が人気ですが、皆様は使っていますか?

伝統的な鉄瓶でお湯を沸かし、それでお茶だけでなく、コーヒーや紅茶を入れるのにはまっている人が増えているそうです。

水道水の塩素除去力が高く、美味しくなることが知られています。

ポットでボタンを押すだけに比べると、手間がかかりますが、そのひと手間が“美味しさや健康”の秘訣です。

鉄瓶や鉄鍋を使用することで、鉄供給に有効であると以前より指摘されていました。

鉄欠乏性貧血ラットに鉄鍋溶出性物を投与し、鉄薬剤に匹敵する効果を認めています。

効果が高い理由には、鉄瓶や鉄鍋から溶出される鉄は2価鉄であり、吸収されやすい形態であるためです。

鉄分摂取だけを考えると、鉄鍋はより効果的です。

鉄鍋で調理するお得なポイントとして、”調味料を使用すること”にあります。

鉄の溶出には“pHが低く、食塩量が多く、加熱時間が長いほど増加する”ようです。

通常2価鉄は3価鉄に転換されやすく、2価鉄は鉄瓶で溶出中の78%が時間の経過とともに減少する傾向にありました。

しかし食酢や食塩を添加した場合は、2価鉄の割合はより多く、時間が経過しても減少が少なく、安定化しているようです。

この結果から鑑みても、元気の源は、やはり”食事”ですね。

包丁を鉄製にするだけでも、鉄量が増加することも言われており、ちょっとした努力次第で変わります。

便利さや時短を求めるだけでなく、まず「体にとってお得かな」を意識されてみてはいかがでしょうか?毎日のちょっとずつが、大きな差になってきますよ。

(参考文献)

及川桂子:鉄欠乏性貧血ラットにおける鉄鍋溶出物の貧血改善効果,家政誌(47)1073‐1078

今野暁子,及川桂子:調理中に鉄鍋から溶出する鉄量の変化,調理誌(36)39-44

細見亮太,下地葵,野口伸之助,他:使用年数の異なる鉄鍋を用いた調理中の鉄溶出量と鉄鍋表面の金属元素の化学状態,TNR(30)17-20