上山院長ブログ

2020年03月

2020.03.04

筋肉トレーニング

 皆さんは健康に対して何か取り組んでいますか?

おそらく食事やランニング、散歩などが良く挙がるように思います。ジムに行っていたりもするでしょう。

では”筋肉”を意識して取り組んでいますか?筋肉は人にとって電池のようなものです。

筋肉を極端に発達させる必要はありませんが、意識してトレーニングしていない限り、この便利な社会

では、多くの方が筋肉不足の状態です。

可動するための骨格(土台)は、骨と筋肉です。自分の足で移動したいですよね?

あちこち痛いとおっしゃる方が年齢を重ねるにつれ、徐々に増える傾向にあるようです。

自分を大事にしすぎているのが原因かもしれません。

残念ながら現代は、廃用性症候群※予備軍は多いと言わざるを得ない時代です。

廃用性症候群※;過度に安静にすることや、活動性が低下したことによる身体に生じた様々な状態

特に女性は閉経すると骨粗鬆症が進みがちです。

大事なのは骨粗鬆症に対する薬を飲むだけではなく、それに備えて適切な体作りをしていくことがより

重要です。

運動はもちろんですが、基本は”栄養”です。

栄養素を消化、吸収し、利用するためにもエネルギーが必要ですし、骨、筋肉のためにも栄養素がないと

できません。

いくつになっても、スタートした段階から良い事があります。

しなければ右肩下がりで老化がどんどん進むだけです。

自分の頭や体の財産づくりは、自分自身でしか作ってあげられません。

まず10年後の自分を想像してみましょう。

私はこれまで、ヨガやピラティスをしてきました。

ですが自分の求める10年後の像には、より荷重負荷をかけた”筋肉”を意識したトレーニングが必要だ

気付き、”筋肉トレーニング”を始めています。

スクワットや腕立て伏せなら、すぐに誰でもどこでも開始できるのではないでしょうか?

できることから少しずつでも取り組んでみませんか?