上山院長ブログ

2021.02.22

ビジネス理念について、改めて考えること

 鹿児島に戻ってきてから、経営学含めた世の中について学ぶ時間を作るようになりました。それまで人の臓器や、植物について、学びの時間をほぼ全て費やしていて、世の中については結構無知でした。

今の世のシステムの学びは、新しい教えばかりで新鮮でした。

その中でとある教えに関し、大いなる間違いだと思い、記憶深いフレーズが2点あります。

「ビジネスとはお困りごとを解決する事」

「ビジネスとは、求められているものを提供する事が秘訣」

この2点を聞いた時には、そうかもな と流していましたが、取り組めば取り組むほどそれはビジネスのごく一部に過ぎないと感じるようになりました。

身体において、困った時には手遅れの事がしばしばあります。もはや傷んでしまった臓器を、フレッシュな状態にする事は出来ません。可逆的なのはある時点までであり、そこを超えると不可逆的となります。人の臓器は、残念ですが痛んだからといって、車や機械のように気軽にパーツ交換なんてできません。自覚症状が出る頃には、とっくに可逆・不可逆の分岐点を過ぎています。

そしてこれは医療的視点からではないように思いますが、実は多くの方が「何に困っているか自覚できていない、何が必要なのかもわからない」、という状況なのではないかと感じるようになりました。

勿論売れるからという理由で、消費者に寄り添い、色々ヒット商品を生み出す会社もありますが、それは必ずしも消費者のためとは思えません。そのようなものの多くは、人社会を活かすためのものではないため、一時的であり、先に繋がるものにならないのではないかと。

長続きするビジネスとは、クライアントに対し、この世を先読みして、本人もわかっていなかった困っている事、この先困るであろうことに気付かせてあげる事、必要である物を教えてあげる事、その上で寄り添った提案をして上げれる事なのではないかと思うようになりました。

実際その思想を実行していくのは、なかなか大変なことだと思いますが、テレビアンテナを生み出した八木秀次、カシオを設立した樫尾4兄弟など、素晴らしい先人達に見習い、私自身より一層学びを深め、信じる道を強い気持ちで取り組んでいかねばと改めて思うこの頃です。

2021.01.08

コロナ肥満対策は、まず自分を把握すること

新年あけましておめでとうございます。

コロナウィルスが収束しない中では、おめでたい気分にもなかなかなりませんが、昨年は色々な局面において、いかに柔軟に適応していくかが大切だと実感させられた年でした。今年は先行き明るい年になる事を願わずにはいられません。

さて私自身もそうですが、皆様の生活そのものが、大きく変化したのではないでしょうか。移動範囲を制限され、この引きこもり生活中での問題点の一つに、「コロナ肥満」が挙げられています。

肥満対策として、大体の方がまず体重を減らす事を目的とした、ダイエットに取り組みがちです。

ですがそれは大きな間違いです。屋外での活動量が減る事は、筋肉量や骨量減少の原因にもなり、体重だけを目安にするのは危険です。脂肪より筋肉や骨の方が重量があるので、鍛えている方は意外と重めです。私が体調不良だったとき、今より5㎏程痩せていました。筋肉量、骨量を増やし、体重は増えましたが、今の方がより健康的で、美容面でも良いように思います。

よく陥りがちなこのような失敗への対策として、体型変化や老化を感じたときは、inbody検査や骨密度検査で、自分の体組成を把握することから始めると良いでしょう。

 

自分の体組成を知っておかないと、目的や手法を見誤る原因になります。リバウンドする理由は、そのためです。ご家庭での体重計でわかる体脂肪や骨量は精度がおちますので、やはり一度は精度が高めの機器で測定されることをお勧めします。

ステイホームの機会を活かして、真の身体づくりに取り組んでみましょう!

2020.10.01

男性型脱毛症:“ハゲ・薄毛”ケアで大切な事

 人にとっての“”の存在は複雑です。

髪の毛・眉毛・睫毛は、誰もが欲しいものです。

 

ですがひげや腋毛、胸毛等は好き好きで、私は苦手ですし、女性にはなくて良いものです。人についている毛は美しいものですが、抜け落ちた途端汚らしく感じます。

そのような複雑な毛の問題、特に髪の毛は重要です。

綺麗な髪をしていると、男性、女性問わず素敵に見えます。ファッション性もあり、その人を表現する手段の一つです。

なくなってしまうと、アイテムが失われる喪失感があるようです。

私自身綺麗な髪に対する憧れは強く、良い栄養素をとり、ブラッシング、シャワーヘッド、オイルに拘り大事にしています。

女性のみならず、これは男性でも同じです。

しかし男性は女性と比較すると、男性ホルモンのため、薄毛が進行しやすいのです。

育毛ケアとして、大正解がないため、様々な方法が世の中に出回っているのですが、大まかに分けると以下の4分類で、侵襲性が少ないものからみてみると

 

1:外用剤(育毛シャンプー、ローション等)

2:内服薬

3:ヘアフィラー(薬剤や真皮等を局所注入)

4:植毛

の順となります。

その中で多くの方が取り組んでいるのが12ではないでしょうか。

ここで注意喚起されているのが2内服薬、5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬(フィナステリド、プロペシア®、デュタステリド、ザガーロ®)です。

あまり表立って言われる事はないのですが、「ポストフィナステリド症候群」についてご存知でしょうか。

ポストフィナステリド症候群とは、フィナステリド成分を含む治療薬の内服によって起こった副作用が、服薬中止後もそのまま継続していることです。

フィナステリドによる副作用は、鬱などの精神面も問題視されていますが、忘れてならないのは、陰茎や睾丸サイズの減少、勃起障害など、性器そのものの不可逆的な変化となる恐れがあること。

非常に少ないと言われてはいるのですが、この副作用が起きても、恥ずかしくて言えず、実際数はもっと多いのではないかと囁かれていたりします。

「ハゲ・薄毛の加療をしたい」と思われる方は、2040代と見た目も意識される年代である一方、結婚し子供を持つ世代でもあります。

その時期に治らないかもしれない性器障害が起きてしまうのは、かなりショックなことではないでしょうか。

内服薬は危険だという訳ではなく、「安易に加療方法を選ぶ事は、しない方が良い」ということを知って頂きたいなと思います。

脱毛症は命にかかわる事ではありませんが、アイデンティティに関わる大切なことです。

ご自身にとってデメリットがメリットを上回らない、最善の選択をされる事が重要です。

金額や効果、リスク、侵襲性のメリットデメリットを慎重に比較した上で、後悔のない選択して頂きたいと思います。

2020.09.23

秋は骨量&筋肉量を増やしましょう

 気付くと日が落ちるのが早くなり、冷房をつける時間も短くなり、シャワーだと少し寒く感じるようになりました。あっという間に今年も秋がやってきましたね。

秋と言えば・・・食欲、運動、芸術、私の大好きな季節です。

 

今回は“運動”についてみてみましょう。

60歳で後悔しない美と健康づくりに、“運動習慣”は必須項目になります。ですが、運動と一言で言っても、多岐に渡りますので、「実際何をしたら良いのかしら?」と思いますよね。誤解されている方もいらっしゃるのでズバリ言うなら、“運動をしましょう”は、“骨量の増量&筋肉量の増量をしましょう”という事なのです。

つまり良くないフォームで、だらだらと散歩をしているのは、ここでいう“運動”には不足しています。

何人かで楽しくランニングやハイキング、バドミントン、ゴルフ、ボーリング等々楽しまれるのも良いでしょう。

ですが60歳で後悔しない美と健康づくりの運動習慣では、骨と筋肉作りをすることが土台です。これは地味できつく、楽しいものではないので、なかなか取り組みそのものが出来なかったり、継続できない方が多いのですが、この土台づくりを避けては、目的地にはたどり着けないのです。

私自身運動は不得意ではありませんが、基本的にそんなに好きではなく、私にとっても骨&筋肉づくりの運動は楽しいものではありません。ですが、取り組まない理由を見つける方が難しく、取り組むしかありません。

ですのでいかに効率的にできるかが重要ポイントであり、奮起し、専門的に学んでいる所です。

この秋、まずは“骨と筋肉”を意識するようにしてみましょう。

2020.08.27

Inbodyを測定してみましょう

Inbodyは痛い事もなく、1分間で体成分組成を分子レベルで測定することが出来る、優れた体組成計です。

こちらの機器でも、勿論誤差はでますが、家庭用の体組成計に比べると、かなり高機能です。

これまで体組成を調べるには、MRI検査や二重エネルギーX線吸収測定法(DEXA)と、誰にでも簡単にできるものではありませんでした。

それを考えると実に活気的ですね。

なぜ体組成を知る必要があるのか?ここは重要なポイントです。

多くの人が体重だけに注目しがちですが、それがつまづきポイントなのです。

重要なのは“バランス”です。同じ体重の人でも、筋肉量と体脂肪量のバランスが異なり、そのバランス次第で、健康とも不健康ともなります。

BMIや見た目だけでは、実際の体のバランスは不明瞭で、自覚するのは難しいのです。

ですので検査で客観的に、自分の今の状態を知るという事が大切になってきます。

筋肉・骨は人の土台であり、若さの源です。ここから進んでいく先の分岐点を、より望ましい未来の方へ進んでいくためには、まずは今の状態を確認される事がスタートです。

未来予想ができていないと、「〇歳になってから、一気に病気がちに・・・」なんてことになりかねません。

誰もが必ず衰えてきますので、人生設計をするうえで、お金と共に身体もセットで考えていきましょう。

  

2020.08.13

分子栄養学症例 ②

症例 20代 女性 Bさん

目的:月経(生理)不順改善、美と健康増進

既往歴:卵巣嚢腫、アトピー性皮膚炎

 

初潮は中1頃、生理不順を認め、産婦人科受診し、19歳からピル内服フォロー中。20歳頃エコー検査で卵巣嚢腫を認め加療された。

アトピー性皮膚炎は高校生時症状が強かったが、大学生頃から症状改善している。今でも時折症状が強くなる時がある

 

〈採血結果からわかる問題点〉

・ビタミンB6不足

・ビタミンB3 不足

LDLコレステロール低め

・低血糖疑い

・ビタミンB12、葉酸不足

・隠れ炎症疑い

・亜鉛/銅バランス不良:亜鉛不足

・マグネシウム不足

・ビタミンD欠乏

 

<指導内容)

・亜鉛摂取

・ビタミンD摂取

・マグネシウム摂取

・プロバイオティクス

・グルテン、カゼインフリー

・ω3の活用

 

〈今回のポイント〉

/亜鉛バランスの不良は、問題です。多くの女性が実は銅過剰傾向で、ノルアドレナリンが上昇傾向になり、強い不安感やヒステリーの原因になります。また産後鬱や敏感肌、月経困難症との関連性も指摘されています。あなたの不調は、栄養のアンバランスのせいかもしれません。

一度確認されてみても良いかと思います。

2020.07.21

分子栄養学症例

 50代女性 Aさん

主訴:むくみ、つかれ、体重増加

責任ある立場で正社員として働いており、夜遅くなることも度々ある。しかしもともと元気な方で、ガーデニングや楽器、バレエなど趣味にも勤しんでおり、充実した日々を過ごしている。健康診断では大きな問題を指摘されたことはないが、ここ数年体重増加を認め、むくみやすくなり、疲れがとれない状態が持続している。最近めまいや耳鳴り症状を自覚し、精査したが特に問題なかった。

検査:分子栄養学的採血検査を実施

結果:

・甲状腺機能低下

・ホモシステイン高値

・LDLコレストロール高値

・アミラーゼ低値

・クレアチニン高値

・CK若干高値

・ビタミンD欠乏

・亜鉛/銅バランス不良、亜鉛不足

・ヘリコバクター・ピロリ菌陽性

結果から

・甲状腺専門クリニック紹介

・消化器内科紹介

・亜鉛、ビタミンD、乳酸菌サプリメントフォロー

・食事の見直し

10年以上前に軽度の甲状腺機能低下を指摘されたことがあったそうですが、軽度だったため経過観察となり自然と足が遠のいていたようです。徐々に状態が落ちていったと思われ、本人もあまり気になっていませんでした。最近になり自覚する症状を認め、精査するも特に問題なく、こんなものかなと思われていました。TSH120台と甲状腺機能低下は要精査・治療レベルにあり、専門クリニックで加療開始頂き、同時に当院で全身的なフォローアップをしていきます。

ゆっくりと症状が悪くなると、なかなか気づかないものです。基本的に元気な方は病院から遠のきがちですし、健康診断で指摘されなければ、”問題ないのだ”と判断される方が多いかと思います。ですが、良い状態を維持していくためには、車や建造物のように人も”メンテナンス診療”を定期的にされることが必要だと改めて実感しました。

2020.07.07

ビタミンDで免疫力アップ

 免疫力アップには

1.良い食事をとる

2.筋肉量・骨量を増量し、維持する

3.良好な睡眠をとる

41週間に1回以上は40℃前後の湯舟にゆっくりつかる

この4つがポイントです。

今回はまず1.良い食事について注目してみましょう。

私たちの身体は栄養素から出来ており、免疫力は、体の元気度に相関します。

ですので栄養不足になると、自ずと免疫力も低下します。

免疫力には複数の栄養素が関与していますが、特に注目すべき栄養素は、

“ビタミンC・ビタミンD・ω3”

です。この中で更に意識して欲しいのはビタミンD

なぜなら多くの方が実は、不足傾向にあるからです。

ビタミンDといえば骨、とイメージするかもしれませんが、いえいえビタミンDの実力はそれだけ

ではありません。骨だけでなく、多くの臓器に受容体があり、全身へ影響を及ぼしているのです。

細胞の分化と成長を調整しており、自己免疫性疾患やアレルギー疾患を含めた免疫系、糖尿病、

高血圧、多発性硬化症、癌、認知症、うつ病等関連していると指摘されています。

一般ではなく、元気でいる事を目的としたビタミンD摂取推奨量は20005000IU/日と言われて

います。食材でビタミンD含有量が多いのは魚類や肉類、キノコ類です。もし2000IUを食事でカバー

しようとすると、サンマ2.8尾、鮭2切れ、きくらげ59枚、干しシイタケ125個、牛のレバー4㎏と

なります。

一瞬だったら頑張れるかもしれませんが、毎日食事からだけで摂取するのはやはり難しい

ように思います。十分な量を毎日取り入れるために、便利な手段が、“サプリメント”です。

ですが必要度合いは個人差がありますので、一度ご自身の状態を知るために、まずはビタミンD

血中濃度を測定されておかれると良いでしょう。

身体づくりのスタートは、「自分の身体の状況・体質を知る事」からです。不調が疾患の発症に進展する

前に、良いメンテナンスをしていくことをお勧めします。

2020.06.19

黒クマ対策には、リフトアップケア

 梅雨入りしましたが、晴れた日はもう夏のようですね

日差しが徐々に強くなり、気になってくるのは、目元の“クマ”

一概にクマと言っても、①青クマ ②黒クマ ③茶クマがあります

青クマは皮下の血管の色が透けて見えている状態です。

黒クマは目元の膚のたるみや、眼窩脂肪が突出してきたため、影になり出来るものです。

茶クマは色々な刺激から起こる色素沈着によるものです。

 特に黒クマは加齢により進んでいく事があり、あまりに突出した脂肪への対処は、手術による

脱脂でしか改善が見込めない事もあります。ですが手術では、共にたるんだ皮膚への対応が

難しかったりします。

そこで、進みすぎる前のどちらにも功を奏すのがリフトアップ施術です。

それは、皮膚にもたるみの大元にも良い効果があり、自然な状態で顔面の老化を改善してくれます。

手術のようにダウンタイムはない分、お薦めの間隔で継続していく事が重要です。

私も30歳頃から気になり始めた目元が、今は気にならなくなりました。

ヒートショックプロテイン効果によるものなのか気持ちよさと、その後元気になる感じもあり、

顔の施術ですが、顔だけでない嬉しい効果も付随するようです。はその人の印象を決める

70%を占めるのだそう。

  元気に、より良い状態を維持していきたいものですよね。

2020.06.05

一家に一台“体組成計”

以前は体重計と言っていましたが、もはやそれは過去のもののようですね。

今では自宅で気軽に体重、体脂肪率、内臓脂肪、筋肉量、基礎代謝量、推定骨量、体水分率などが

測定できるという優れもの。そしてそんなに大きな機器ではなく、以前よりむしろ軽くなっている

ように思います。また機能次第でお手頃な値段からあり、一家に一台の電化製品ではないでしょうか。

私は毎朝体重計にのることを習慣としています。これまでは体重計に特に拘りがなく頂き物の体重計を

長年使用していました。体重と体脂肪率までは測定できていたのすが、その機能が稼働しなくなり、

新しいものを購入しようと調べてみたところ、「こんなに進んでいたとは」と驚きました。

色々検討した結果、購入したのが“タニタ”の体組成計です。体内年齢や、筋質が分かるのが良い点です。

最初の測定結果で、“体内年齢2820代だったのは嬉しい限り。検査値の値を100%盲信することは

できませんが、これからの推移をみていく上で良い目安になるかと思います。

ただ注意したいのは体組成計では、“骨密度”は測定できないという点です。

“早いのでは”と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

20歳を過ぎたら、1年に1回は骨密度検査をされることが勧められます。

 もしかしたら、「体重計もう長年乗っていない・・・」なんて方もいらっしゃるかもしれません。

ですがここは文明の利器を活用し、まずは現状を確認してみましょう。

その上でどのように身体作りに取り組んでいかないといけないか、早めに対策を講じれるかどうかが

5年後・10年後の大きな差に繋がっていきます。

カレンダー

«2月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28       

ブログ内検索

フィード