上山院長ブログ

2021.11.25

貧血の放置は禁物!

形成外科の術前検査で、引っかかる頻度が多い疾患が“貧血”です。

貧血は創治癒には勿論の事、全身へ悪影響を及ぼします

過度の貧血の時には、改善させてからの手術になります。

1980 年代の調査でも既に、 日本女性の何と56.4%が貧血を指摘され、そのうち 55.9%が鉄欠乏性貧血でした。

今は更に増加しているのではと危惧されています。

健康診断では基本的にHb(血色素)だけを確認しますが、実際には鉄やフェリチン(貯蔵鉄)まで測定しないと鉄欠乏性貧血かどうかは分からないため、見過ごされている事も多いようです。

術前検査では MCV(平均赤血球容積),MCH(平均赤血球容積)もチェックしており、疑わしい人は精査をすすめ確認します。

Hbが12g/dl以上という正常値でありながら、フェリチン(5ng/ml 未満)が計測できないほど低値という方が意外と多くて驚きました。

貧血を以前指摘されていたけれど、気になる自覚症状がなく、途中離脱されたという方も多いようなのですが、継続的にみてみるとなかなか改善していないようです。

恐らく生活習慣そのものが変わっていないので、 鉄剤を内服しなくなると自ずと低下してしまうのでしょう。

自覚症状がないからと放置されるのは、美と健康面においてお勧めできません。

急速進行の貧血ではめまいやふらつき感等の症状を自覚できますが、ゆっくりすすむと、不調が日常的になっているのでなかなか自覚できなかったりするのです。

改善してきてようやく不調だったことを自覚できるようになったりします。

症状がないからと甘く見ている方、慢性疲労、精神不安定、肌荒れ、不妊、妊娠・出産後トラブル、創治癒遅等々、悪影響は多岐に渡りますので、問題が大きくなる前に対処して欲しいものです。

貧血などの慢性疾患は自分で作っているものも多いのです。

ご自身が今の状態を変える努力をしない限り、進行する一方ですので、今一度見直して頂ければと思います。

ただし、貧血の原因として鉄欠乏性貧血だけではなく、産婦人科系や胃、十二指腸潰瘍などの消化器系の病気が原因であることもあり、疑わしい場合はそれぞれ専門科での精査が必要です。

2021.11.19

サプリメントの正しい選び方をご存知ですか?

 日本は現在飽食国家である一方、新型栄養不足の人が多くいらっしゃいます。

サプリメントを活用される方も徐々に増えているようですが、そこには注意すべき大きな落とし穴があるのです。

サプリメントの正しい選び方をご存知ですか?

適当に選んでは損しかありませんよ。

東京都では毎年健康食品試買調査をし、その結果を公表しています。

その結果は燦々たるもので、「特に通販サプリメントのほとんどは法令違反をしている」という驚くべき結果でした。

良くわからないまま購入すると、変なものを掴まされて逆に不健康にもなりかねないという悲しい現実。

口コミは基本あてになりません。

情報の一つと捉える分には良いのですが、口コミしている人がどれほどの知識量で判断しているのか怪しいものです。

自分を守るためには自分の頭で考え、良品を選べる知識を習得したり、あるいは専門家に聞いてみる事です。

難しいなと思ったあなた!大丈夫です。

実は大半は簡単に見分けることができます。

“○○の効果があります”ということだけを強調して記載している製品は、まず不良品だと判断して良いでしょう。

製品自体が良いものであれば、第一に成分表をアピールするもの。

そして製造工程や製造者、栄養等に関する情報を積極的に発信している会社は信頼できます

なぜ不良品がここまで多いのか、答えは簡単。“売れる”からです。

消費者が正しい知識を得る機会がない中で購入することで、悪徳業者を助長しているのです。

なかには一生懸命頑張っている会社もありますので、 不良品にだめにされるのは悲しいものです。

要は不良品が売れなくなれば、生産者も良品を作るように頑張らざるをえないので、消費者自身が良品を選べる目を持つことが何よりも大事ですね。

2021.08.03

ボディメンテナンスは油断大敵

私は健康診断を含め、年に4回ほど採血検査をします。

そして状態を確認し、日頃の生活を見直しと共にサプリメントの調整をしていきます。


老化スピードを加速させないためのメンテナンスの取り組み、5年以上経過しています。

年を追うほどに違いを感じています。

身体全体が入れ替わるのに7年の歳月を要するという説も、あながち嘘ではないように思います。


しかしながら成長期を過ぎてしまうと、個人の臓器能力の限界は決まっていると考えた方が良いでしょう。

もはや能力を伸ばすことは期待できないので、そもそもの能力を最大限に活かすことしかできません。

基本的に若返ることはないですし、「いかに老化スピードを抑えるか」の観点で取り組む事が大切です。


さて今年の全体的な検査を実施したところ、衝撃的な結果でした。

皆様はご自身の“ホモシステイン値”をご存知でしょうか

私は毎年のメンテナンス健診(自費診療)で確認しており、3~7 nmol/lが適正値のところ、私は5~6nmol/l台で推移しており、完全に安心しきっていました。


それが何と今回“11.1nmol/l”!!


何とそれまでの2倍ほどになり、目を疑っちゃいまいた。

定期検査を続けていたお陰で、早目に知ることが出来、大きなダメージになる前に対策が立てられます。

良くても悪くても、定期的に確認する事の大切さを改めて実感しました。


ボディメンテナンスは“油断大敵”ですよ~


ホモシステインが高値となると、実は大問題なのですが、「いったい何?」と思われる方も多いかと思います。

次回ホモシステインについてお話したいと思います。

2021.06.18

肌(皮膚)には五感がある

 肌は触覚だけでは?と思いますね。

それが実は他の視覚、聴覚、嗅覚、味覚も備わっているというのです。

傳田光洋先生「皮膚は0番目の脳」だとも仰っており、その重要性が伺えます。

その中でも“聴覚”について注目したいと思います。

生演奏を聴くと、ホルモンへの影響がみられ、首から下を防護服で保護するとその影響が遮断されたという報告が見られます。

“全身で音楽を聴いている”と感じていたのは、正しいようです。

私は屋内の小さめのホールで、お酒でも飲みながら音楽を楽しめるスタイルがお気に入りです。

コロナ禍となってから、そのような機会はないためか、何だか最近刺激不足さを感じていました。それはやはり肌の五感刺激不足のためなのかもしれません。

今後ますますオンライン化が進んでいくかと思いますが、肌の五感に関しては、オンラインで代用できないものですね。

肌を良い状態に維持することは、見た目だたけでなく、臓器としてとても大事なことですね。

2021.04.16

老化スピードは自分次第

 皆さん人生年表を把握され、ご自身の今の立ち位置や残り時間を意識されていますでしょうか?

誰もが限りある時間であり、永遠ではない事はおわかりですよね。

そして20 歳前後から老化はスタートし、老化スピードは生き方次第でその差がでてきます

体内年齢と生物学的年齢は異なり、既に30 代で60 代のような細胞になっている人もいれば、逆に60 代でも30 代のように若々しい人もいます。

私は肺活量や採血検査の結果から、体内年齢29歳という嬉しい結果が得られました。

1 年で4 か月分の年を取っている計算となり、老化スピードはまだ加速していないようです。

正確なめどをつけるには、前述したように、様々な検査が必要ですが、実は簡単に分かる方法があります。

それは“見た目”です。

誰もが普段から認識している、“顔”、そして“体型”が隠しようもなくその人の体内年齢を物語っています。

“顔”が老けてきたと感じたあなた、“体型”が変わってきたと感じているあなた、全身細胞が同様に老けてきていますよ!

平均寿命辺りまでは、希望しようがしまいが多くの人が生きざるを得ない現代、よぼよぼと生きるのか、しゃきしゃきと生きるのか、それは自分の努力次第です。

何の知識や努力もなく、良い状態を維持するのはまず不可能ですので、日頃から正しい知識を取得し、実践する努力をしていきましょう。

私自身、生きている限り挑戦するために、頑張っています。
それでも老化は完全にはストップしないので、年表から逆算した上でメンテナンスをしています。
皆様取り組まなければ、老化は加速する一方ですので、一度ご来院頂くことをお勧めします。
当スタッフも、より健康で美しい人生を送るために自分の体と向き合っています。

体の不調やお悩みをお持ちの方、今の状態を維持したい方、将来を明るく楽しく元気に生きる準備を、私達と一緒に取り組みませんか。

2021.03.15

美肌作りの極意

 美肌になりたいですか?と聞くと100%の方がなりたいとお答えになるでしょう。

では美肌のために何が必要ですか?と聞くと、曖昧になってしまう方が多いようです。

美肌作りは実に奥深く、長期的に取り組まないと手に入れられません。

何故なら美肌には、皮膚以外にも他の臓器が関わって来ます。

筋肉や脂肪、骨、肝臓、腎臓、腸、そして忘れてはならない血管の元気度が

特に重要で、それらも考慮して取り組まないといけないのです。

 

私が美肌のために取り組んでいる事といえば

・日焼け対策(日焼け止め、日傘)

・十分な栄養素を日々しっかりとる:サプリメント活用

 (ビタミンCEAB群、DK、タンパク質、亜鉛、マグネシウム、鉄、良質な脂質を意識して)

・添加物や不良な脂質は避ける

 (スナック菓子やインスタント系は食べない、調味料など含めた成分表はしっかりチェック)

・緩やかな糖質制限を継続

・肝臓を元気にする:杜仲茶飲料(自宅で煮出す、×ペットボトル)

プラセンタ皮下注を定期的に

・筋力量、骨量を増量し、維持するための運動をしている:18000歩以上、

階段は活用、パーソナルトレーナー資格取得し、自己管理

・週に1回以上マグネシウム入浴:ヒートショックプロテインを意識して

・添加物がなく、パラベンフリー、適正価格の保湿剤やファンデーションを活用

・日々のお化粧は最低限に

・乾燥を感じたら保湿をまめに

BEAUTY CORE SUPPORTでのface beat dance+リフトアップ+イオン導入施術

    

美肌作りのための取り組みは、結構あるのです。

数日で結果見えるかというと、そういう訳にはいきませんが、積み重なった結果が

明瞭に見えてきますので、良い取り組みができている悪い取り組みの人、

年々差が広がっていきます。

美肌は人にとって、外環境から自分を守る鎧であり、強固な人ほど体内年齢は

ピチピチといえるでしょう。

美肌作りに取り組む事は、老若男女問わず、老化ストップに関与する大切な事です。

実際のお肌の状態から、今の生活習慣が良いものかどうか、

まずは見直されてみては如何でしょうか。

2021.02.22

ビジネス理念について、改めて考えること

 鹿児島に戻ってきてから、経営学含めた世の中について学ぶ時間を作るようになりました。それまで人の臓器や、植物について、学びの時間をほぼ全て費やしていて、世の中については結構無知でした。

今の世のシステムの学びは、新しい教えばかりで新鮮でした。

その中でとある教えに関し、大いなる間違いだと思い、記憶深いフレーズが2点あります。

「ビジネスとはお困りごとを解決する事」

「ビジネスとは、求められているものを提供する事が秘訣」

この2点を聞いた時には、そうかもな と流していましたが、取り組めば取り組むほどそれはビジネスのごく一部に過ぎないと感じるようになりました。

身体において、困った時には手遅れの事がしばしばあります。もはや傷んでしまった臓器を、フレッシュな状態にする事は出来ません。可逆的なのはある時点までであり、そこを超えると不可逆的となります。人の臓器は、残念ですが痛んだからといって、車や機械のように気軽にパーツ交換なんてできません。自覚症状が出る頃には、とっくに可逆・不可逆の分岐点を過ぎています。

そしてこれは医療的視点からではないように思いますが、実は多くの方が「何に困っているか自覚できていない、何が必要なのかもわからない」、という状況なのではないかと感じるようになりました。

勿論売れるからという理由で、消費者に寄り添い、色々ヒット商品を生み出す会社もありますが、それは必ずしも消費者のためとは思えません。そのようなものの多くは、人社会を活かすためのものではないため、一時的であり、先に繋がるものにならないのではないかと。

長続きするビジネスとは、クライアントに対し、この世を先読みして、本人もわかっていなかった困っている事、この先困るであろうことに気付かせてあげる事、必要である物を教えてあげる事、その上で寄り添った提案をして上げれる事なのではないかと思うようになりました。

実際その思想を実行していくのは、なかなか大変なことだと思いますが、テレビアンテナを生み出した八木秀次、カシオを設立した樫尾4兄弟など、素晴らしい先人達に見習い、私自身より一層学びを深め、信じる道を強い気持ちで取り組んでいかねばと改めて思うこの頃です。

2021.01.08

コロナ肥満対策は、まず自分を把握すること

新年あけましておめでとうございます。

コロナウィルスが収束しない中では、おめでたい気分にもなかなかなりませんが、昨年は色々な局面において、いかに柔軟に適応していくかが大切だと実感させられた年でした。今年は先行き明るい年になる事を願わずにはいられません。

さて私自身もそうですが、皆様の生活そのものが、大きく変化したのではないでしょうか。移動範囲を制限され、この引きこもり生活中での問題点の一つに、「コロナ肥満」が挙げられています。

肥満対策として、大体の方がまず体重を減らす事を目的とした、ダイエットに取り組みがちです。

ですがそれは大きな間違いです。屋外での活動量が減る事は、筋肉量や骨量減少の原因にもなり、体重だけを目安にするのは危険です。脂肪より筋肉や骨の方が重量があるので、鍛えている方は意外と重めです。私が体調不良だったとき、今より5㎏程痩せていました。筋肉量、骨量を増やし、体重は増えましたが、今の方がより健康的で、美容面でも良いように思います。

よく陥りがちなこのような失敗への対策として、体型変化や老化を感じたときは、inbody検査や骨密度検査で、自分の体組成を把握することから始めると良いでしょう。

 

自分の体組成を知っておかないと、目的や手法を見誤る原因になります。リバウンドする理由は、そのためです。ご家庭での体重計でわかる体脂肪や骨量は精度がおちますので、やはり一度は精度が高めの機器で測定されることをお勧めします。

ステイホームの機会を活かして、真の身体づくりに取り組んでみましょう!

2020.10.01

男性型脱毛症:“ハゲ・薄毛”ケアで大切な事

 人にとっての“”の存在は複雑です。

髪の毛・眉毛・睫毛は、誰もが欲しいものです。

 

ですがひげや腋毛、胸毛等は好き好きで、私は苦手ですし、女性にはなくて良いものです。人についている毛は美しいものですが、抜け落ちた途端汚らしく感じます。

そのような複雑な毛の問題、特に髪の毛は重要です。

綺麗な髪をしていると、男性、女性問わず素敵に見えます。ファッション性もあり、その人を表現する手段の一つです。

なくなってしまうと、アイテムが失われる喪失感があるようです。

私自身綺麗な髪に対する憧れは強く、良い栄養素をとり、ブラッシング、シャワーヘッド、オイルに拘り大事にしています。

女性のみならず、これは男性でも同じです。

しかし男性は女性と比較すると、男性ホルモンのため、薄毛が進行しやすいのです。

育毛ケアとして、大正解がないため、様々な方法が世の中に出回っているのですが、大まかに分けると以下の4分類で、侵襲性が少ないものからみてみると

 

1:外用剤(育毛シャンプー、ローション等)

2:内服薬

3:ヘアフィラー(薬剤や真皮等を局所注入)

4:植毛

の順となります。

その中で多くの方が取り組んでいるのが12ではないでしょうか。

ここで注意喚起されているのが2内服薬、5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬(フィナステリド、プロペシア®、デュタステリド、ザガーロ®)です。

あまり表立って言われる事はないのですが、「ポストフィナステリド症候群」についてご存知でしょうか。

ポストフィナステリド症候群とは、フィナステリド成分を含む治療薬の内服によって起こった副作用が、服薬中止後もそのまま継続していることです。

フィナステリドによる副作用は、鬱などの精神面も問題視されていますが、忘れてならないのは、陰茎や睾丸サイズの減少、勃起障害など、性器そのものの不可逆的な変化となる恐れがあること。

非常に少ないと言われてはいるのですが、この副作用が起きても、恥ずかしくて言えず、実際数はもっと多いのではないかと囁かれていたりします。

「ハゲ・薄毛の加療をしたい」と思われる方は、2040代と見た目も意識される年代である一方、結婚し子供を持つ世代でもあります。

その時期に治らないかもしれない性器障害が起きてしまうのは、かなりショックなことではないでしょうか。

内服薬は危険だという訳ではなく、「安易に加療方法を選ぶ事は、しない方が良い」ということを知って頂きたいなと思います。

脱毛症は命にかかわる事ではありませんが、アイデンティティに関わる大切なことです。

ご自身にとってデメリットがメリットを上回らない、最善の選択をされる事が重要です。

金額や効果、リスク、侵襲性のメリットデメリットを慎重に比較した上で、後悔のない選択して頂きたいと思います。

2020.09.23

秋は骨量&筋肉量を増やしましょう

 気付くと日が落ちるのが早くなり、冷房をつける時間も短くなり、シャワーだと少し寒く感じるようになりました。あっという間に今年も秋がやってきましたね。

秋と言えば・・・食欲、運動、芸術、私の大好きな季節です。

 

今回は“運動”についてみてみましょう。

60歳で後悔しない美と健康づくりに、“運動習慣”は必須項目になります。ですが、運動と一言で言っても、多岐に渡りますので、「実際何をしたら良いのかしら?」と思いますよね。誤解されている方もいらっしゃるのでズバリ言うなら、“運動をしましょう”は、“骨量の増量&筋肉量の増量をしましょう”という事なのです。

つまり良くないフォームで、だらだらと散歩をしているのは、ここでいう“運動”には不足しています。

何人かで楽しくランニングやハイキング、バドミントン、ゴルフ、ボーリング等々楽しまれるのも良いでしょう。

ですが60歳で後悔しない美と健康づくりの運動習慣では、骨と筋肉作りをすることが土台です。これは地味できつく、楽しいものではないので、なかなか取り組みそのものが出来なかったり、継続できない方が多いのですが、この土台づくりを避けては、目的地にはたどり着けないのです。

私自身運動は不得意ではありませんが、基本的にそんなに好きではなく、私にとっても骨&筋肉づくりの運動は楽しいものではありません。ですが、取り組まない理由を見つける方が難しく、取り組むしかありません。

ですのでいかに効率的にできるかが重要ポイントであり、奮起し、専門的に学んでいる所です。

この秋、まずは“骨と筋肉”を意識するようにしてみましょう。

カレンダー

«1月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

ブログ内検索

フィード