上山院長ブログ

2022.06.14

情報を見極める

衛星通信、パソコンや携帯機器の発展で、多くの情報を容易に誰もが瞬時に手にする事も出来ますし、また情報を出す事もできるようになりました。

 
初代iPhone2007年に発売され、この15年で怒涛のように良くも悪くも情報で溢れるようになりました。
しかし得るべき大事な情報をキャッチ出来ているかというと、怪しいものです。

 必要な情報を得るためには、良い情報かどうか判断できる能力を養うことも必要です。

 医療においても同様で、非常に進展してきているのですが、まだまだ一般的に有効活用されているとは言い難いところです。

 これからの医療におけるキーワードは、“メンテナンス”です。

 「ヒトを良い状態で100年もたせるためには、メンテナンスが必須であり、異常を自覚してからでは遅い」

ということが前提になってくるでしょう

 美もしかりです!
確かな情報を得ることに向き合い、しっかりメンテナンスに取り組んでくださいね。

2022.06.03

私の花粉症対策は”ビタミンD”

花粉シーズンは一段落しましたが、今年も花粉症の症状に悩まされた方が多かったのではないでしょうか?

私も数年前の春、突然の鼻水と目のかゆみ症状を認め、抗アレルギー剤を飲んだことがあります。
なぜ、あの春だけ花粉症を発症したのか?不思議に思っていました。

何が違うのか考えたところ、住んでいた場所と生活リズムの影響ではないかと。
これまで住んでいた中で、最も北に位置した地域に移動して2年目であり、生活スタイルとしても日光にあまり当たらない2年間だったと思います。

その後、年々南へ移動し、分子栄養学的取り組みをするようになり、薬いらずとなりました。
花粉症の症状がでて約2年後のビタミンD血中濃度が25-OHD 32.5ng/mlと欠乏症ぎりぎりでしたので、症状が出ているときはもっと低かったと思われます。
最近のビタミンD血中濃度は80ng/mlを維持しています。
ビタミンDが関与する疾病は、花粉症だけではありません。
大腸癌や乳癌、糖尿病、高血圧症、心筋梗塞や鬱病など多岐にわたります。
疾病予防からみた至適値は5080ng/mlと言われています。

花粉症で困っている方は、ビタミンD不足である可能性も高いため、花粉症のみならず、病気予防のためにも一度ビタミンD血中濃度を測定されてみては如何でしょうか?

2022.04.15

靴の正しい活用の仕方

二足歩行のホモサピエンスとして、足が骨格の基礎となります。

全く気にとめていなかった頃、私は23.5㎝のハイヒールを履くことが多かったです。

足のメンテナンスに取り組んだ結果、何と“25.0㎝”のスニーカーがベストとなりました。

実に驚きです。

その結果何が良くなったかというと、“安定感”です。

少林寺拳法や二輪車の運転をする中で、身体能力を左右するのが体幹の安定感だと思うのですが、そのためにはまず足が安定していない事には始まらないのだなと知りました。今の方が身体の使い方の能率が上がっているように思います。纏足(てんそく)の足の状態と照らし合わせると分かり易いかと思います。

来院される方々を拝見し、皆さんの共通する問題点が、足に合った靴ではなく、靴に足を合わせていらっしゃることです。合っているかどうかも実は自覚しづらいのです。なにせ私自身もそうでした。

ボディメンテナンスにおいて、足の環境づくりも必須要素ですね。

足のメンテナンスを始めてから、ナイキスニーカーにフォームソティックスインソールが私の定番となりました。室内でも室内用のナイキスニーカーにフォームソティックスインソールで、スリッパ代わりとして活用しています。

私が他にルーティンとして取り組んでいることは、定期的な角質ケア、約2㎏の重しをつけて階段の上り下り、18000歩、短時間の筋肉トレーニングぐらいです。

足底の角質ケアは、されたことがない方はお勧めします。感覚がぐっと良くなり、足の使い方の改善に繋がり、反射神経が良くなる印象です。

靴社会の現代、見た目の良さではなく、自己の身体能力を伸ばせる靴を是非探してくださいね。

以下wikipediaより

  

2022.02.02

「うまく生きる」より「よく生きる」

あっという間に年明け2月になりました!久しぶりにブログを更新します。

今年は壬の寅

陽気を孕み、春の胎動を助く‘つまりは冬が厳しいほど春の芽吹きは生命力に溢れ、華々しく生まれる年なのだそうです。

「干支」と「二十八宿」を合わせ、丁度重なっているのが420年前の1602年。

戦乱の世から安定した世の中で移り変わる、1600年の関ケ原から1603年江戸幕府という新時代への幕開けだったわけです。

そう考えると、歴史は確かに繰り返すものであり、いつの時代も何が起こるか、その先がどうなるのかなど全く分からないものだなと実感します。

戦乱の中、手探りでこの先に続く未来をより良くするために多くの人が尽力し、懸命に切り開いて辿りついた先が”今”なのです。

現在もコロナ禍の中、多くの人が未来に向けて懸命に生きています。

そこで思い浮かぶのが、九州大学消化器外科の名誉教授であられた井口潔先生です。2021年9月、99歳でご逝去されました。

「ヒトの教育の会」を立ち上げられ、95歳で「人間力を高める脳の育て方・鍛え方」を出版されました。

今、人は「うまく生きよう」としているが、本来「よく生きよう」とすることが大事なのだと指摘されています。

「うまいこと楽して〇〇」なんていう情報や投資、セミナー、製品たちが出回っていますが、そこから得られるものは皆無ではないでしょうか。

「より良くしたい」と熱い情熱をもった人の行動から生まれたものが時代を作ってきているように私は思います。

そしてそのような方々と共に私も更に頑張っていきたいと新たに思った次第です。

2022年、皆様に良き風が吹くことを願っています。

遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2021.11.25

貧血の放置は禁物!

形成外科の術前検査で、引っかかる頻度が多い疾患が“貧血”です。

貧血は創治癒には勿論の事、全身へ悪影響を及ぼします

過度の貧血の時には、改善させてからの手術になります。

1980 年代の調査でも既に、 日本女性の何と56.4%が貧血を指摘され、そのうち 55.9%が鉄欠乏性貧血でした。

今は更に増加しているのではと危惧されています。

健康診断では基本的にHb(血色素)だけを確認しますが、実際には鉄やフェリチン(貯蔵鉄)まで測定しないと鉄欠乏性貧血かどうかは分からないため、見過ごされている事も多いようです。

術前検査では MCV(平均赤血球容積),MCH(平均赤血球容積)もチェックしており、疑わしい人は精査をすすめ確認します。

Hbが12g/dl以上という正常値でありながら、フェリチン(5ng/ml 未満)が計測できないほど低値という方が意外と多くて驚きました。

貧血を以前指摘されていたけれど、気になる自覚症状がなく、途中離脱されたという方も多いようなのですが、継続的にみてみるとなかなか改善していないようです。

恐らく生活習慣そのものが変わっていないので、 鉄剤を内服しなくなると自ずと低下してしまうのでしょう。

自覚症状がないからと放置されるのは、美と健康面においてお勧めできません。

急速進行の貧血ではめまいやふらつき感等の症状を自覚できますが、ゆっくりすすむと、不調が日常的になっているのでなかなか自覚できなかったりするのです。

改善してきてようやく不調だったことを自覚できるようになったりします。

症状がないからと甘く見ている方、慢性疲労、精神不安定、肌荒れ、不妊、妊娠・出産後トラブル、創治癒遅等々、悪影響は多岐に渡りますので、問題が大きくなる前に対処して欲しいものです。

貧血などの慢性疾患は自分で作っているものも多いのです。

ご自身が今の状態を変える努力をしない限り、進行する一方ですので、今一度見直して頂ければと思います。

ただし、貧血の原因として鉄欠乏性貧血だけではなく、産婦人科系や胃、十二指腸潰瘍などの消化器系の病気が原因であることもあり、疑わしい場合はそれぞれ専門科での精査が必要です。

2021.11.19

サプリメントの正しい選び方をご存知ですか?

 日本は現在飽食国家である一方、新型栄養不足の人が多くいらっしゃいます。

サプリメントを活用される方も徐々に増えているようですが、そこには注意すべき大きな落とし穴があるのです。

サプリメントの正しい選び方をご存知ですか?

適当に選んでは損しかありませんよ。

東京都では毎年健康食品試買調査をし、その結果を公表しています。

その結果は燦々たるもので、「特に通販サプリメントのほとんどは法令違反をしている」という驚くべき結果でした。

良くわからないまま購入すると、変なものを掴まされて逆に不健康にもなりかねないという悲しい現実。

口コミは基本あてになりません。

情報の一つと捉える分には良いのですが、口コミしている人がどれほどの知識量で判断しているのか怪しいものです。

自分を守るためには自分の頭で考え、良品を選べる知識を習得したり、あるいは専門家に聞いてみる事です。

難しいなと思ったあなた!大丈夫です。

実は大半は簡単に見分けることができます。

“○○の効果があります”ということだけを強調して記載している製品は、まず不良品だと判断して良いでしょう。

製品自体が良いものであれば、第一に成分表をアピールするもの。

そして製造工程や製造者、栄養等に関する情報を積極的に発信している会社は信頼できます

なぜ不良品がここまで多いのか、答えは簡単。“売れる”からです。

消費者が正しい知識を得る機会がない中で購入することで、悪徳業者を助長しているのです。

なかには一生懸命頑張っている会社もありますので、 不良品にだめにされるのは悲しいものです。

要は不良品が売れなくなれば、生産者も良品を作るように頑張らざるをえないので、消費者自身が良品を選べる目を持つことが何よりも大事ですね。

2021.08.03

ボディメンテナンスは油断大敵

私は健康診断を含め、年に4回ほど採血検査をします。

そして状態を確認し、日頃の生活を見直しと共にサプリメントの調整をしていきます。


老化スピードを加速させないためのメンテナンスの取り組み、5年以上経過しています。

年を追うほどに違いを感じています。

身体全体が入れ替わるのに7年の歳月を要するという説も、あながち嘘ではないように思います。


しかしながら成長期を過ぎてしまうと、個人の臓器能力の限界は決まっていると考えた方が良いでしょう。

もはや能力を伸ばすことは期待できないので、そもそもの能力を最大限に活かすことしかできません。

基本的に若返ることはないですし、「いかに老化スピードを抑えるか」の観点で取り組む事が大切です。


さて今年の全体的な検査を実施したところ、衝撃的な結果でした。

皆様はご自身の“ホモシステイン値”をご存知でしょうか

私は毎年のメンテナンス健診(自費診療)で確認しており、3~7 nmol/lが適正値のところ、私は5~6nmol/l台で推移しており、完全に安心しきっていました。


それが何と今回“11.1nmol/l”!!


何とそれまでの2倍ほどになり、目を疑っちゃいまいた。

定期検査を続けていたお陰で、早目に知ることが出来、大きなダメージになる前に対策が立てられます。

良くても悪くても、定期的に確認する事の大切さを改めて実感しました。


ボディメンテナンスは“油断大敵”ですよ~


ホモシステインが高値となると、実は大問題なのですが、「いったい何?」と思われる方も多いかと思います。

次回ホモシステインについてお話したいと思います。

2021.06.18

肌(皮膚)には五感がある

 肌は触覚だけでは?と思いますね。

それが実は他の視覚、聴覚、嗅覚、味覚も備わっているというのです。

傳田光洋先生「皮膚は0番目の脳」だとも仰っており、その重要性が伺えます。

その中でも“聴覚”について注目したいと思います。

生演奏を聴くと、ホルモンへの影響がみられ、首から下を防護服で保護するとその影響が遮断されたという報告が見られます。

“全身で音楽を聴いている”と感じていたのは、正しいようです。

私は屋内の小さめのホールで、お酒でも飲みながら音楽を楽しめるスタイルがお気に入りです。

コロナ禍となってから、そのような機会はないためか、何だか最近刺激不足さを感じていました。それはやはり肌の五感刺激不足のためなのかもしれません。

今後ますますオンライン化が進んでいくかと思いますが、肌の五感に関しては、オンラインで代用できないものですね。

肌を良い状態に維持することは、見た目だたけでなく、臓器としてとても大事なことですね。

2021.04.16

老化スピードは自分次第

 皆さん人生年表を把握され、ご自身の今の立ち位置や残り時間を意識されていますでしょうか?

誰もが限りある時間であり、永遠ではない事はおわかりですよね。

そして20 歳前後から老化はスタートし、老化スピードは生き方次第でその差がでてきます

体内年齢と生物学的年齢は異なり、既に30 代で60 代のような細胞になっている人もいれば、逆に60 代でも30 代のように若々しい人もいます。

私は肺活量や採血検査の結果から、体内年齢29歳という嬉しい結果が得られました。

1 年で4 か月分の年を取っている計算となり、老化スピードはまだ加速していないようです。

正確なめどをつけるには、前述したように、様々な検査が必要ですが、実は簡単に分かる方法があります。

それは“見た目”です。

誰もが普段から認識している、“顔”、そして“体型”が隠しようもなくその人の体内年齢を物語っています。

“顔”が老けてきたと感じたあなた、“体型”が変わってきたと感じているあなた、全身細胞が同様に老けてきていますよ!

平均寿命辺りまでは、希望しようがしまいが多くの人が生きざるを得ない現代、よぼよぼと生きるのか、しゃきしゃきと生きるのか、それは自分の努力次第です。

何の知識や努力もなく、良い状態を維持するのはまず不可能ですので、日頃から正しい知識を取得し、実践する努力をしていきましょう。

私自身、生きている限り挑戦するために、頑張っています。
それでも老化は完全にはストップしないので、年表から逆算した上でメンテナンスをしています。
皆様取り組まなければ、老化は加速する一方ですので、一度ご来院頂くことをお勧めします。
当スタッフも、より健康で美しい人生を送るために自分の体と向き合っています。

体の不調やお悩みをお持ちの方、今の状態を維持したい方、将来を明るく楽しく元気に生きる準備を、私達と一緒に取り組みませんか。

2021.03.15

美肌作りの極意

 美肌になりたいですか?と聞くと100%の方がなりたいとお答えになるでしょう。

では美肌のために何が必要ですか?と聞くと、曖昧になってしまう方が多いようです。

美肌作りは実に奥深く、長期的に取り組まないと手に入れられません。

何故なら美肌には、皮膚以外にも他の臓器が関わって来ます。

筋肉や脂肪、骨、肝臓、腎臓、腸、そして忘れてはならない血管の元気度が

特に重要で、それらも考慮して取り組まないといけないのです。

 

私が美肌のために取り組んでいる事といえば

・日焼け対策(日焼け止め、日傘)

・十分な栄養素を日々しっかりとる:サプリメント活用

 (ビタミンCEAB群、DK、タンパク質、亜鉛、マグネシウム、鉄、良質な脂質を意識して)

・添加物や不良な脂質は避ける

 (スナック菓子やインスタント系は食べない、調味料など含めた成分表はしっかりチェック)

・緩やかな糖質制限を継続

・肝臓を元気にする:杜仲茶飲料(自宅で煮出す、×ペットボトル)

プラセンタ皮下注を定期的に

・筋力量、骨量を増量し、維持するための運動をしている:18000歩以上、

階段は活用、パーソナルトレーナー資格取得し、自己管理

・週に1回以上マグネシウム入浴:ヒートショックプロテインを意識して

・添加物がなく、パラベンフリー、適正価格の保湿剤やファンデーションを活用

・日々のお化粧は最低限に

・乾燥を感じたら保湿をまめに

BEAUTY CORE SUPPORTでのface beat dance+リフトアップ+イオン導入施術

    

美肌作りのための取り組みは、結構あるのです。

数日で結果見えるかというと、そういう訳にはいきませんが、積み重なった結果が

明瞭に見えてきますので、良い取り組みができている悪い取り組みの人、

年々差が広がっていきます。

美肌は人にとって、外環境から自分を守る鎧であり、強固な人ほど体内年齢は

ピチピチといえるでしょう。

美肌作りに取り組む事は、老若男女問わず、老化ストップに関与する大切な事です。

実際のお肌の状態から、今の生活習慣が良いものかどうか、

まずは見直されてみては如何でしょうか。

カレンダー

«6月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

ブログ内検索

フィード