上山院長ブログ

2020.01.04

新年明けましておめでとうございます。

2020年!令和初めてのお正月を迎えましたが、皆様どのような年明けでした

でしょうか。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

~能力を発揮するには~

昨年はラグビーワールドカップに感動した年でした。

今年は、東京オリンピックに鹿児島国体とますますスポーツに沸く一年になりそうです。

スポーツはメンタル・ボディメンテナンスがいかに重要であるかが、実に分かり易いです。

体のダメージを抑えながら常に磨きをかけ、そして自己の限界を超えていくことに挑戦し、

本番でそれが発揮できるかどうか。

かの有名なプロテニスプレーヤーであるジョコビッチ氏は”グルテン不耐症”が判明し、食事を

変えたことが大きな転機となり、輝かしい結果を出したことは有名な話です。彼は長年なぜ

体調管理がうまくいかないのかわからず、悩んでいました。どんなに能力があっても、その

活かし方が分かっていなければ、埋もれてしまいます。自分の身体を知り、適切な対応をした

ことで偉業を成し遂げたわけです。これは特別な人だけの話でしょうか?いえ、そうでは

ありません。誰にとっても当てはまることなのです。

研究が進み、今や細胞や遺伝子レベルで個々の特性(アレルギー等)が分かるようになり

ました。早く取り組めるとダメージが抑えられるので、大病の予防をすることが出来るのです。

後戻りできない病気を発症する前に、如何に早く取り組めるかが重要です。

人生100年時代になろうとしている今、自分らしい人生を全うするためには、メンテナンスが

必須です。メンテナンスの良し悪しで老化スピードが大きく異なります。

10年後、20年後 どのような自分でありたいか、また家族にどうあって欲しいのか、今一度

考えてみませんか?