上山院長ブログ

2019.03.10

私の花粉症対策は”ビタミンD”

 ビューティーコアサポート外来院長の上山です。

最近、花粉症の症状が出ている方が多いのではないでしょうか?

私も数年前の春、突然の鼻水と目のかゆみ症状を認め、抗アレルギー剤を飲んだことがあります。

なぜ、あの春だけ花粉症を発症したのか?

不思議に思っていました。

何が違うのか考えたところ、住んでいた場所と生活リズムの影響ではないかと。

これまで住んでいた中で、最も北に位置した地域に移動して2年目であり、生活スタイルとしても日光にあまり当たらない2年間だったと思います。

その後、年々南へ移動し、分子栄養学的取り組みをするようになり、薬いらずとなりました。

花粉症の症状がでて約2年後のビタミンD血中濃度が25-OHD 32.5ng/mlと欠乏症ぎりぎりでしたので、症状が出ているときはもっと低かったと思われます。

最近のビタミンD血中濃度は25-OHD42.0ng/mlと改善中です。

ビタミンDが関与する疾病は、花粉症だけではありません。

大腸癌や乳癌、糖尿病、高血圧症、心筋梗塞や鬱病など多岐にわたります。

疾病予防からみた至適値は50~80ng/mlと言われています。

元気な状態であるためには、もう少し摂取してもよさそうです。

花粉症で困っている方は、ビタミンD不足である可能性も高いため、花粉症のみならず、病気予防のためにも一度ビタミンD血中濃度を測定されてみては如何でしょうか?