上山院長ブログ

2020.04.08

健康設計

 久しぶりに更新させていただきます。

さて、2018年の日本の平均寿命女性87.32歳、男性81.25歳で共に過去最高を更新したと報告されま 

した。 

1947年の平均寿命が女性53.96歳、男性50.06歳を考えると驚異の長寿化が進んでいます。 

時間が変わると、生き方が変わります。 

平均寿命が延びるにつれ、定年退職の年齢が変わってきました。 

1986年に60歳定年が始まり、2000年には65歳までの雇用確保措置を努力義務化となり、今では70 

代、80代でも活躍されている方が多くいらっしゃいます。

そしてそれとは反対に2018年日本の出生数は、91.8万人と過去最低を更新しており、「死ぬまで働か 

ないと生活できない」、そんな社会がやってこようとしています。 

10代ではあまり見られない見た目年齢の差は30歳頃から見え始め、70代では明らかです。これは細胞 

年齢を反映しているといえます。 

生き生きと活躍されている方がいらっしゃる一方、病気三昧、薬漬けなんて方もいらっしゃいます。 

その差は自己の‘意識’の差もあるのではないでしょうか? 

自分の自由選択を積み重ねた結果が、身体にも出ているように感じます。 

そして現在は医療の発展のおかげで、なかなか死ねない時代になりました。 

今後はどのような70代、80代でありたいかを見据え、遅くとも30代からは意識したメンテナンスを始め 

ことが薦められます。 

これからの人生設計ではお金だけでなく、健康面も含めて検討してみてはいかがでしょうか?