上山院長ブログ

2019.02.16

鹿児島の魅力

 ビューティーコアサポート外来院長の上山です。

私の野菜へのこだわりは、“鮮度”です。

流通路や保存法が発達していますが、お野菜は土から口に入るまでの時間ができるだけ短いものを選ぶよう心がけています。

そういう点では土壌汚染などがないか気をつけた上で、やはり地産地消が望ましいでしょう。

時間の経過と共に、せっかく含まれている栄養素が消失してしまうからです。

常温で収穫後24時間経過した野菜のうち、ビタミンCの消失率が多いものの例としては、春菊が67%、レタスが46%です。

種類により異なりますが、冷蔵庫で保存しても徐々に消失していきます。

鹿児島に帰ってきて驚いたのは、鹿児島県産のお野菜の種類が多く、美味しい事でした。

ソラマメやオクラは以前から知っていましたが、らっきょうやズッキーニ、パクチーまで幅広く生産されています。

そして生のグリーンピースが普通に手に入るのが、非常に嬉しいです。

 ~ある日の鹿児島県産の食材~

これまで気づかなかったのですが、この“多種に渡る食材の良さ”は貴重で、鹿児島県の大きな魅力だと再発見しました。

私は元気な精神と体づくりのために、第一に取り組むべきことは“食”だと思います。

医療や分子栄養学を通して、益々その重要性を実感しています。

これから鹿児島の食の魅力をもっと探索し、お伝えしていきたいと思います。

参考文献:緑黄色野菜の鮮度とビタミンCならびにミネラル類 含有量の関係について

file:///C:/Users/naho/Downloads/kentan_kiyo-45-02%20(1).pdf

2019.02.09

エイジングケアに欠かせないビタミンD

 ビューティーコアサポート外来院長の上山です。

ビタミンDは骨粗鬆症で取り上げられる事が多く、“骨”にとって重要と思う方も多いかと思います。しかし、ビタミンDはそれだけでなく、多くの症状や疾患に関与していることが分かっています。

花粉症やアレルギー、アトピー性皮膚炎、糖尿病、自閉症、うつ病、妊娠、月経痛、婦人科疾患、大腸癌、前立腺癌、乳癌、片頭痛、ニキビ等と多岐にわたります。

ビタミンDの受容体は核内にあり、遺伝子発現に関わる重要な作用を担っており、他のビタミン群と異なったものになります。

コレステロールから自分で作ることができ、ホルモン作用を持つステロイド群とその骨格は似ています。

そのため、”ビタミンDはホルモン”と言われることもあります。

                              非公益社団法人日本生化学会から引用

ビタミンD3には活性型と活性型があります。

サプリメントは非活性型になります。

体内では必要に応じて肝臓、腎臓で非活性型から活性型にして、調整し活用しています。

過剰な活性型は悪影響を及ぼしますので、投与するものは、通常非活性型です。

活性型を投与するのは、透析されている方のように、腎機能が低下している方です。

ビタミンD不足の方が多いとは思っていましたが、私の思っていた以上に多いようです。

ビタミンD不足は、筋肉量低下との関与も指摘されており、老化・劣化マネジメントとしても欠かせないビタミンです。

紫外線ダメージを考えると、いくら日光浴で作ることが出来るといっても、積極的な日光浴はお勧めできないですし、やはり美容的には日焼け止めクリームの塗布が欠かせません。

十分なビタミンD濃度を維持するためには、サプリメントを利用することが効率的でしょう。

まずはご自身の血中濃度を確認され、適切な量を摂取されることをおすすめします。

栄養学的摂取推奨量は、1日2000~5000単位が目安になります。

当クリニックでも検査できますので、お気軽にご相談ください。

2019.02.01

お気にいりの南部鉄器

 ビューティーコアサポート外来院長の上山です。

鉄不足で思い浮かべるのは”貧血”かもしれません。

実際のところ鉄は赤血球のみではなく、他の物質の原料でもあり、重要な栄養素の一つです。

エネルギーやコラーゲン、神経伝達物資等にも必須であり、思っている以上に鉄欠乏は悪影響を及ぼします。

ただし鉄分不足だからといって、単純に鉄のサプリメントを摂取すればよいかというと、そうでもなく”諸刃の栄養素”でもあります。

不利益を抑え、かつ効率的な鉄分の摂取方法の一つに、鉄鍋や鉄卵を使用して調理をすることが挙げられます。

使いやすい鉄鍋がないかと探していたところ、廣瀬さんの“おやじの鉄板焼き”が気に入り、鉄鍋と共に購入しました。

鉄鍋は焦げ付きやすい、という話もありましたがそんなこともなく、美味しく調理できています。

熱伝導率も良く、他の素材の鍋を使っていた時よりも早く、料理が出来上がるようになりました

ã€Œã‚¨ãƒ•ã‚·ãƒ¼ã‚¸ãƒ¼ç·åˆç ”ç©¶æ‰€ã€€é‰„é‹ã€ã®ç”»åƒæ¤œç´¢çµæžœ

       エフシージー総合研究所から引用

問題は調理時の鉄鍋自体の重さのように思われますが、筋トレと思えば一石二鳥です。

味は特に変わりませんし、鉄分摂取が必要な方にとっては、良い手段ではないかと思います。

今回”南部鉄器”についても注目してみました。

南部鉄器の歴史は、盛岡市と奥州市それぞれにあります。

盛岡市の南部鉄器は南部藩由来の南部鉄器であり、奥州市の南部鉄器は岩手県の南側にあるので南部鉄器と呼ばれているようです。

廣瀬さんの作品は、現在OIGENさんで取り扱っているようで、OIGENさんは奥州の南部鉄器になります。

伝統工芸の大事な部分は残し、でも固執することなく柔軟に、時代に合ったものに変化しながら、未来に繋がっている。

南部鉄器から、そのような歴史の流れを感じました。

一度工房を訪れてみたいものです。

2019.01.22

鹿児島の魅力

 ビューティーコアサポート外来 院長の上山です。

先日、鹿児島法人会主催の賀詞交歓会に出席してきました。

900人以上もの方が列席しており、熱気の高まりを感じました。

一番印象に残ったのが、現知事三反園さんのお話された事でした。

農林水産省が2018年12月25日に発表した平成29年の都道府県別農業産出額と生産農業所得で、何と鹿児島県は全国2位!!

タンパク質が美味しい県だと思っていましたが、やはり畜産が主力でした。

肉用牛1位、豚1位、鶏1位と凄いです。

体づくりに欠かせない“食”は、BCS(ビューティーコアサポート)での重要プロジェクトの一つです。

中でもタンパク質は重視しています。

育脳、アンチエイジング、美容などに薦められる食材、調味料を常々探索していますが、鹿児島にはまだ私の知らないものがたくさんありそうです。

これからどんどん発掘し、ご紹介していきたいと思います。

   農林水産省のホームページ資料

2019.01.09

2019年が始まりました

 

あけましておめでとうございます

ビューティーコアサポート外来院長の上山です

昨年は年初めから慌ただしかったので、今年は穏やかに新年を迎えることが出来、嬉しく思います。

今年は元号が変わる、節目の年!!

うえやま腎クリニックBCS(ビューティーコアサポート)も、新プロジェクトをスタートさせるべく、準備を進めているところです。

皆様にBCSの新プロジェクトをお届けできること、今からワクワクしています。

2019年は、クリニックスタッフと共により一層頑張っていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018.12.28

睡眠の質改善に、”メラトニン”

 ビューティーコアサポート外来院長の上山です。

私は今まで『眠れない・・・』という悩みを持ったことがないです。

普段は眠くてしょうがない、という状態で眠りにつきます。

年に何回か寝つけなかったり、早く目覚めたということがありますが、私としては「ラッキー!!何かできる」と思い、できた時間を有効活用しています。

ただ問題は、朝起きてからすっきり感がなかったり、仕事中に眠気を感じることがあり、眠りが浅いのかなと思っていました。

私が今までしてきた睡眠の対策といえば、まずは“照明‟です。

もともと調光のできるダウンライトが好きで、夜間は暗めの電球色にしています。

また遺伝子検査の結果で、カフェインの分解が苦手であることが分かり、できるだけ摂取しない、摂取するときは朝にして、夜間は極力避けるようにしたところ、起床後の疲労感が減りました。

そして、最近新たに追加したことが“メラトニン”の摂取です。

メラトニンは松果体より生成され、コルチゾールと逆のリズムで分泌される、眠りを促すホルモンです。

 (sleep designの図を引用)

メラトニンを適切に取り入れることで、コルチゾール分泌も良くなるだろうと思い、取り入れてみました。

常にというわけではないですが、活動量計での深睡眠時間は、以前より長くなりました。

凄いのは、「実質睡眠時間以上に、朝の目覚めが良い!」という事です。

昼間の眠気の問題としては、食後の低血糖も忘れてはならない問題点ではありますが、睡眠時にしっかり休めているかどうかも大きなポイントです。

私はメラトニンを摂取し始めてから、昼間の眠気が断然減っています。

よく睡眠の“時間”を気にされる方が多いですが、睡眠の“質”に着目することの方が重要のように思います。

不眠でお悩みの方、原因は様々ですので、まずはご自身の生活を見直されてみては如何でしょうか。

2018.12.19

脇汗問題は夏と冬

 ビューティーコアサポート外来院長の上山です。

多汗症で困る時期は、1年間に2回あることをご存知でしょうか?
夏は誰もが思い浮かべますが、もう1回はというと、なんと今からの時期なんです。

寒くなると、厚着をしますし、暖房もつけますよね。

冬の時期、脇汗が気になる方は、実は多いのです。

脇汗に対する代表的改善方法は、以下が挙げられます。

1:外用剤:塩化アルミニウム、Dシリーズ等
2:脇汗パット、インナー
3:ボツリヌス毒素注射法(例:ボトックス)
4:ビューホット(日帰り、局所麻酔必要、腋臭症加療がメイン)
5:手術(入院、全身麻酔、胸腔鏡下交感神経遮断手術)

汗の量がそれほど多くないという人にとっては、外用剤やパット等は有効のようです。

しかし、それで対応できない多汗に対して次に進められるのは、やはりボトックス注射になるかと思います。

ダウンタイムがほとんどなく、平均として4~6か月間隔での再実施で、コントロール良好な方が多いのではないでしょうか。

1回でどうにかしたい、となるとやはり手術になるかと思いますが、ダウンタイムが長かったり代償性発汗などの影響も強く出てくる可能性が高いです。

しかし、手掌や足底の多汗に対する加療には、ボトックスは難しかったりしますので、症状や目的に応じて検討されるのが良いでしょう。

誰でも汗はかきますし、体温調整やデトックスとしては重要なことです。

しかし、お洒落なトップスに、汗の脇染みがひどいと、コンプレックスに繋がりかねません。

コンプレックスを解消できるような、良いコントロールを目指すことが大切だと思います。

最近ぐっと寒くなり、もう暖房なしには過ごせませんね。

お洒落で暖かな冬を過ごせると良いですね。

*ダウンタイム:施術から日常生活に差し支えなくなるまでの期間

*Dシリーズ:(株)ケイセイの制汗剤です。スティック、クリーム、パウダー、シャンプー、ボディソープがあり、当院でも取り扱っています。

2018.12.11

私の高濃度ビタミンC活用法

 ビューティーコアサポート外来院長の上山です。

最近、久しぶりにひどい風邪をひきました。


ひとくくりに風邪といっても、症状や程度は様々で、なかなか厄介です。

今回は咳、喀痰、鼻汁が多く、息苦しい状態でした。

体調不良時、多くの人は消化吸収能力も低下します。

そんな時、私は迷わず“点滴”です。

お決まりは高濃度ビタミンCを連日投与することです。

不調時は、通常時よりビタミンCの需要が上がりますので、いつも以上に摂取する必要があります。

個人差はあると思いますが、私は2日続けて点滴投与すると、調子が良くなります。

“体づくりに取り組むと、何が違うのか”

勿論風邪をひきにくくはなりますが、全くかからないわけではありません。

大きな違いは、「回復の速さ、回復経過の質」でしょう。

以前の私は治った後も倦怠感が持続していました。

分子栄養学的なメンテナンスを実施してからは、症状は一見同じように経過していたとしても、全身としては楽なのです。

私が重視しているのは“効率と質”です。

“効率と質”の観点からその時々で、1番良いと思われることを実施していますので、必要があればもちろん薬も内服します。

ですが薬の多くは、体を元気にするためのものではないので、私自身は出来るだけ飲まないで済むように、メンテナンスをしています。

最近ぐっと寒くなってきました。

これから風邪やインフルエンザが増えてきます。

まずは体内に侵入させないことが重要です。手洗いうがいをしっかりとしながら、免疫アップのメンテンナンスを心掛け、良い冬をお過ごしください。

2018.12.04

加工食品の落とし穴

 ビューティーコアサポート外来院長の上山です。

人は従属栄養生物なので、外から栄養素を取り入れる必要があります。

消化・吸収できるものが食材となり、その食材の良し悪しは、人と同じように、その食材の栄養源などの環境が重要ですので、それなりに気を遣っています。

良好な食事摂取ポイントの一つは、“加工食品”を避けることです。

通常の生活で、完全に避けるのは難しいので、“できるだけ”ですね。

食事を見直すようになり、ソーセージ類は避けていました。

そんな中、“国産放牧豚、ホルモン剤やステロイドは使用されておらず、抗生物質の残留はなし、添加物や砂糖は使用していない”という製品をみつけたので、それは良いのではと思い、購入してみました。

期待していたのは、元気に走り回った健康的な赤身主体のソーセージです。

いざ焼いてみると、油がよく出るので、凄く気になり、時間をおいて確認してみました。

結果、「こんな油脂量が・・・」「飽和脂肪酸がこんなに・・・」視覚的に確認できてしまうと、怖くなりますね。


食器やシンクのお掃除がいつもより大変で、

「こんなにべたっとした脂質であれば、血管詰まってもおかしくないかも・・・」

と改めて思いました。

味としては美味しいと思いましたが、リピートはできない心境です。

肉類には飽和脂肪酸が多いですが、予想以上の脂をみると、どの部分を使用しているのか知りたくなりました

加工食品の問題は、「どの部位をどのように加工しているのか」が良くわからない事ですね。

改めて加工食品への注意と、不飽和脂肪酸が多い食材を中心にしなければと思いました。

皆様も食材を選ぶ基準の一つに、「食材の背景」も加えてみては如何でしょうか。

2018.11.27

禿髪、薄毛治療には

 毛髪は個性の一つです。

髪型で印象が変わります。

薄くなると、髪型を楽しめなくなりますし、やはり老化を感じさせます。

国内で男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia:AGA)に悩んでいる人は、約1260万人、つまり男性の20%という事になります。

加療の選択肢は、たくさんありますが、代表的なものは以下になるかと思います。

・育毛剤:Pelo baum、リアップ
・内服:プロペシア、ミノキシジル
・ヘアフィラー:Dr.CYJ、HARG療法
・植毛

内服加療は、全身的影響があるため、私は推奨していません。

ポストフィナステリド症候群も問題となっており、The Post-Finasteride Syndrome Foundation(PFS財団)が設立されています。

勃起障害(勃起不全)の発症は1%未満と記載されていますが、実際の発症率は提示されている数字より高いだろうと指摘されています。

問題なのは、恒久的な勃起障害になり得ることです。

男性も女性も、いつまでも性機能は維持したいものではないでしょうか。

このようなことから当院では内服加療は採用していません。

お値段や発毛効果、副作用など考慮し、今のところ最適と思われるDr.CYJのヘアフィラー、併用が薦められるPeloBaumのシャンプーリンスを採用しています。

これは男性だけでなく、加療が難しい女性の薄毛にも効果が期待できます。

薄毛の原因として、栄養不足が主因だっだりすることもありますのでお悩みの方は、ご来院頂ければと思います。

関連画像

〈参考文献例〉

フィナステリドやデュタステリドの5α-還元酵素阻害薬内服による永続的勃起障害について:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28289563